外野の弱毛

録画してあったガイアの夜明けを観ていたときに、思いつきでオープニング曲の耳コピをツイッターで流してみたんだが…



あづ~べな~んばい~


ぱみぱみすみだ かすかす ぱーぶーすみだ まはまはばーぶー



気になって調べてみたら、スーダン語らしいが、意味は作曲者が秘密にしているらしい。(チンコぺろんみたいな内容だったら笑う)



CD音源だと、最初の「あづ~べな~んばい~」が途中に挟まってて、あんまり聞こえないんだな。(3'10"くらい)


しかしエンディング曲の「夜空の花」は神がかっているよな。インストでここまで説得力のある曲って珍しい。



It’s a snowy day

久しぶりの大雪。出かけようとしたら予想以上だったので、遅刻覚悟でチェーン(というかゴム)を取り付け出発。



スタッドレスタイヤとかチェーン付ければ安全って訳じゃないけど、一目見て判る大雪の状況で、ノーマルのまま出陣してくるやつの多いこと。


結局ノーマルバカの討ち死にとか、超低速走行で、金と手間をかけた人が巻き込まれるのは納得いかない。しかもノーマルバカが微妙に被害者面がむかつくw


でもたまにトラックとかが昔ながらの金属のチェーンをしていると、「ちゃりちゃりちゃり…」という音がなんか懐かしい。


無理ゲー

頼まれたので安請け合いしてボカロの曲をミックスしたんだが、すみません、ボカロなめてました。


機械声だから安定してるし、最悪時間がなければL1でぶっつぶしておけば何とかなるだろうと考えていた時代が私にもありました。



なに、この無理ゲー。おばあちゃんの足とかにある訳の分からない静脈じゃないんだから…


まあいい経験になった。そのうち調教にも挑戦しよう。

結局10時間かけても終わらなかったので、今日もスタジオに引きこもり。

タイムリミットぎりぎりで何とか仕上げる。納品ご依頼者としゃべったんだけど、まあこの世界にも色々な不文律があるモンなんだな…。

あともらったWAVデータの名前に結構癒されたw 「EG ALPE」(ギターのアルペジオ=Arpeggioらしい)とか「Read G」(読んでどうする)とか…w

金髪兄さんがKQのことつぶやくから…

こんなページを見て全部見てしまった。


KQクオリティ


こんど東京行くことがあったら、金沢文庫でしばらくぼーっとしてようかな…


はるあらぽて

新作らしいから買ってみたんだけど、喰ったら普通だった。



というか、ゆずパウダーとふきパウダーで春の香りって消費者なめとんのかw


ぴよ盛り

昨日教えてもらった「ぴよ盛り」にちょっとはまってしまった。



おそらく三桁の人がうじゃうじゃいるんだろうけど、注意力散漫な私にはこれが限界w


気になり出すと

なんか落ち着かない画像…



きっちりした人ほどいらつくんじゃないのかなあ…


ハイカラヤ

YKNK法皇様に「高粋舎の153店が食い放題やってますぜ!」ってちくったら、2月の暴食会に組み込まれたので行ってきた。初めてのパターンなので、参加者も少なくオサーン4人。



味の濃い居酒屋メニューの食い放題はやはりキツイ。


んで、懲りたかといえば、アルバイトの青山さん(NZU)が超かわいかったので、(満場一致)また行こうねと盛り上がる非モテ組。


steinway

ツイッターにも書いたんだけど、グランドピアノのカバーっておそらく19世紀からずっと、「あれ?こっちが前?」「違う、こっちだ。」ってピアノの上でぐるぐる回し続けている気がする。おそらく今も世界のどこかでやっているはずだ。どうして誰も前だけ色違いにするとかしないんだろう…


あとなんで殆ど中が赤なんだろう?スタインウェイのB型は青いけど。



ところでSteinwayって日本法人のページ見るとスタインウェイって書いてあるけど、日本語ではスタンウエーって言う人多いよね。


あと音楽業界にいる人にとって「スタインウェイ」って心地よい響きなんだけど、NYだとアストリアの汚ったない駅のイメージだよな…w



汚いといえば、ヨゴレを表す「stain」はスインで、「stein」はスインと母音が逆になる感じが今ひとつしっくり来ない。


奧のキジトラがいい味出してるw

ちょっと通りますよ…



深層心理か…

見つけたやつすげえな…w



日常

学校のスタジオで暖気を一カ所にためないために扇風機を回しているんだが、その扇風機に貼り紙したった。



元ネタ知らなくても笑えるからいいかなと思うw


カムフラージュってフランス語っぽいなと思ったら本当にフランス語だった。camouflage

道路工事中にふと見た光景。



作業員が迷彩服着てちゃいかんだろjk


しかし、迷彩服って本当に見にくくなるんだなと逆に感心したわ。


盛りだくさんな日

専門学校のミュージシャンコースの卒業公演の日なんだが、あいにく先に予定を入れてしまっていたので、なめらかプリン買って楽屋を表敬訪問。アレだな、プリンも30個買うと、一万円飛ぶのな つД`)・゚・。・゚゚・*:.。..。.:*・゚



リハにでも間に合えばと思ったんだが、ちょうどリハが終わったところだった。


そういや、ロビーでちょうどアシスタントの子に会ったので、「入っていいかな?」って一応形式上聞いたら、「え?どんな形で?」って言われたw


悪気はないのかも知れないけど、この学校はいつも無礼だね♪


 


その後芸文に移動して、名古屋造形大学の卒展を見学。


素人の私だけど、飛び抜けてわかりにくいものはないし、普通に凄いなあと感心しながら見ていたんだが、洋画のセクションでのこと。


普通はこんな感じだよな。



で、「ふむふむ」と分かったようなフリをしてみていたんだが、



いきなり馴染みのある系作品が登場。


マンガとかデジタル系の作品じゃなくて、洋画でまともにロリ画に挑戦するというのが、凄いなと思った。こういうのも新しい可能性なんだろうか、それとも単に痛いだけなんだろうか。私には測りかねる…。


マンガコースに結構好きな画風の作品があった。



そういや、青山さん(9日参照)には会えなかったなw


んで、この学校の特別講師として、漫画家の浦沢直樹(20世紀少年とかキートンとか描いてる人ね)が来ているんだが、その人のトーク&ライブってのが同じ場所であり、これが元々の予定だったわけだ。


ほぼ定刻で始まった第一部のトークショー。なかなか話し上手な人ではあるんだが、人数の多さと距離感に今ひとつ自分のペースに持って行けていない印象。


でも本人の証明とかいいながら、普通の油性ペンでささっとキャラクタを描いていくと流石に会場は沸く。(写真は造形大学長ブログより拝借)



その後、氏が小学校3年生の時に描き上げたという「太古の山脈」というマンガを氏の解説で見ていく。



で、次はバンドを入れて、バンドの即興演奏を聴きながら即興で画を描いていくという企画。



これを3枚描いてトーク編は終了。


正直ちょっと肩すかし喰らった感じ。別にマンガの描き方のレクチャーをして欲しいとは思わないけど、アレだけしゃべれる人だから、もう少し仕事についての話を聞きたかった気がする。


第二部はライブ。浦沢氏が登場するまで見ていこうとは思っていたんだけど、バックバンド(というと怒られるかも)の曲が3曲続いた時点で、普通のオヤジバンドだったので、駐車場代の方が心配になって退散。


外に出るとテレビ塔がお化粧直し中。



途中気になっていた新栄の「弐番手」でつけ麺などを食す。



普通にうまかったけど、券売機で「~出来ません」ばかりが目立ったのが悪印象。あと嫁がはまっているっぽいダイエットの広告がうざい。よってコインパに駐めてまではという感じかなあ…

なんてねっ♪

なんか楽しそうだと思う。



 


ザブングルの「なんてねっ♪」を思い出したよw




クヤシス

6日の月曜日に、運転中コンタクトにゴミが入って、目をいじっていたら片方のコンタクトが車の中で行方不明に。


あんなものが車の中で落ちたら絶対分からないからと諦めていたんだが、その2日後カバンにへばりついているのを発見。前日にそのカバンを振り回して普通に使っていたことを考えると、まあまあの奇跡だ。


で、その奇跡を生き抜いたコンタクトなんだが、昨日の夜はずすときに、ケースに入れる時点でレンズをホールドする部分がバネになる感じで、スタジオのキッチンで飛ばしてしまった。


探したんだけど、見つからないので、こういうものは一晩おいた方がいいなと寝て、今日もう一度探したんだけど、やっぱり見つからない。


諦めて部屋に戻ったときに、足の裏でプチっと違和感。


あれ?まさか?と思ったらビンゴ。



見つかった!


けど、割れておりました。



…ということは、さっき踏んだときに割れたってことで、2回目のまあまあの奇跡が起こっていたにもかかわらず、気づかなかったことが悔しくて、しばらく西野カナのように震えてました。


内容はかなり薄いw

石黒賢のホムペ かなり鬱陶しいw


そういえば最近企業のページでフラッシュが減ってきて嬉しい。フラッシュ自体は嫌いじゃないんだけど、情報が欲しいサイトがフラッシュで作られると、一気に情報量が減るから嫌い。


昔エキサイトカムカムっていう台があったな…

色々と面白いゲームを公開してくれている「ゲームデザイン」なんだが、以前からあったはずの花札が上に来ていたので久しぶりにやってみた。


 


…なんぞ?これ。


元々ツキの皆無な私なんだが、それより相手が超能力者過ぎる…('A`)


最初の親権をキープしない限り、もの凄い勢いで負けていく。以前より数倍難しくなっているな、これ。


みゃーく

学校のスタジオでテレフンケンのAK-47を買った。U87Aiより5万円以上安い割には、U87Aiのような使いづらさもないので気に入っている。


TELEFUNKEN自体はドイツのメーカなんだけど、このマイクを作っているのはTELEFUNKEN Elektroakustikというアメリカの会社。よって梱包やらケーブルやらいかにもアメリカの大味な仕上げ。


カプセルも安っぽいし、中の基板も美しさが足りない。デモ機借りてなかったら絶対頼まなかったよな…。


いらつくこと

以前から歌の中で「Music」を「ミューズィック」と発音する奴がいるのが気に入らなかったんだが、今日シンフォニーを「スィンフォニー」と発音されてもかなりいらつくことを発見した。「Symphony」のどこに「sw」の音の要素があるんだよ!



ところで、どうでもいいことにいらつくのは更年期障害らしいぞ。

アニメンタリー決断

ビデオ1にいったら、懐かしいものを発見したので一気に5巻借りてきた。




『アニメンタリー 決断』(アニメンタリー けつだん)は、太平洋戦争を題材にしたタツノコプロダクション制作の戦記アニメ。1971年4月3日から同年9月25日までの間、毎週土曜日19時30分 - 20時に日本テレビ系にて放映された。全26回。(Wikiより)



超リアルタイムで見ていた番組で、DVDになっていたのは知っていたんだが、まあビデオで見直していたこともあって、買うほどのものではなかったんだな。でもまさかこんなマイナーなものがあるとは思わなかった。


しかしよくこんなアニメをテレビ放送出来たもんだな。日テレもこの頃はまだまともだったのか…。学校のお昼の放送で主題歌のレコードかけたら先生に怒られたけどw


最初は日本軍勝ちまくるので楽しいんだけど、途中から負け戦ばかりになるので鬱になった記憶が…w


ズージャのドンバ

通常マイク4本も立てておけば十分な録音ばかりやっているんだが、今日はズージャだったので、それなりにマイクを立てたった。



まあたまにはいいんだが、当然アシなどいないので、独りでお片付け。途中2回ほど現実逃避して、現状復帰して帰りましたよ。



撃ってもいいとか法律変わらないかな…

こういう窓の外に手を出してタバコ持ってるやつって、100%ポイ捨てをする。



お亡くなりになればいいのに…


きっと気持ちいいのは理解出来る。


これやってみたい!っと思ったんだが、どう考えても今までの人生でスパイクを履いたことがない…('A`)




てか、あびる優いつの間にかしれっと復活してるな…。どこに需要があるんだろう?…あ、枕か。


確定申告

確定申告の書類を作り始めたんだが、今年は還付金が激減する予定。といっても儲かったわけではなく、天引きが少なかっただけというオチなんだが…(´・ω・`)


計算し始めてすぐ全額戻しに張り付く収入を何とかしなきゃだわ。


今年はうるう年なのに、全然うるおわないわ!なんてな、ゲハゲハ…


寒いぞ

なんじゃ、この寒さは。

久しぶりに寒くて何もする気が起きなかったわ。

ところで、オークションの出品で久しぶりにハズレの落札者引いた気がする件…('A`)

あさま山荘

私の年代なら名前ぐらいは覚えていると思うんだが、ソフホーズとコルホーズとか、アスワンハイダムを小学校とか中学校で習った。


ソフホーズとコルホーズなんてモロだけど、アスワンハイダムも考えてみればソ連の援助で出来たダムだよな。


小学校の先生は「小松製作所のキャタピラーは戦車に流用するために作られているから、出入りするトラックを監視しに行く!」って授業中言っちゃうような人だったし、70年頃って結構その当時の若い世代は赤化していた。よくもまあ私自身洗脳もされずに来られたもんだと思う。(高校ぐらいまでは引きずってたけど)


で、連合赤軍の事件で有名な「あさま山荘事件」が今年で40周年だそうだ。



アレだけ鉄球でぶちこわしたので、すぐ廃墟になったのだろうと思いきや、デザイン会社が河合楽器から買い取って、地下4階部分に若干の増設をしただけで現在もまだ実在するらしい。


そしてとても残念なことに、去年の2月に中国企業に買い取られたらしい。どうされるかは分からないけど、こういう負の遺産も国で保護しておくべきじゃないかなと思う。どうせ大した金額ではないし、もう寂れまくっている地域なので、博物館でも建てれば幾ばくかの地域活性化になると思う。


私のように知らないだけで、浅間山荘が当時のままあって、中に資料館があれば行く人間はかなり多いと思う。


ドライブがてら行ってみるかなぁ


予算消化工事

一時期収まっていたような気がするんだが、また最近この時期になると予算消化のための道路工事があちこちで行われる。

流石に掘って埋めてまた掘ってみたいなことはしなくなったようだけど、この寒い時期にやらなきゃいけない工事か?とおもうようなものが多いのも事実。



でも単純に余る予算があるのが羨ましいわw
プロフィール

TOSS

Author:TOSS
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR