FC2ブログ

新年会

陰キャ新年会。

今回なぜか塩釜口なので、延々バスと地下鉄を乗り継いで行くんだけど、本当にバス沿線に住んでいると不便だわ。






...

武漢ェ…

話題の武漢だけど、なんか私の中ではドラのイメージしかなかった。


ところがググってみてもなかなか出てこない。終いには私が30年以上前に描いた圧倒的低クオリティの説明の画がヒットする始末。



これ描いたのイラレ3.2Jの時代だぜ?


そんな中やっと一つだけ見つけたのがこの写真。



うん、やっぱりドラに武漢って書いてあったよな?


なんでヒットしないのかと思ったら、この武漢ってパーカッションのメーカ名みたいで、地名を会社名にしているみたい。それで最近は英語読みの Wuhanって書いているみたいだ。だから画像検索でヒットしなかったのか…。



かっこ悪いなあ…。









...

カレンダー2月

カレンダーはイチソ艦の村雨と春雨。



なんか今回はイマイチかなぁ… あと春雨のマスの豆はどう考えてもそんな山にならんだろうと思う。







...

TLM102

訳あってマイクを購入。音屋で購入したのでモノを見ないで買ってるんだが、届いたらその小ささにびっくりした。



M49とか知ってると、半分くらいの大きさで可愛い。まあU87AiとU89iみたいな感じだなと分かりにくい例えをしてみる。


ちょっと驚いたのはTLM102もちゃんと1インチのダイアフラムなこと。だからかちゃんとノイマンぽい音がする。まあトランスレスな分だけ味はないし、ボディの剛性が低いので結構胴鳴りがするとはいえ、6万代前半でこのクオリティなら申し分ない。大音量にも強いイマドキさんだし、小さいからドラムなんかにも遠慮なく使えそうだ。何よりもノイマンを個人で所有するというのがちょっといい。(ミーハー)


音屋にはないんだけど、スタジオならショックマウント付属のSTUDIOモデルの方がよさげ。








...

匂うなあw

公演の仕込み日。毎年もうここまで来たらやるしかないので、最低限の口だけ出して、ケータリングに籠もるんだが、今回はどこまでやったら怒られるかシリーズ第一弾で、ケータリングでたこ焼き焼いてみた。



学生達には好評だったが、さて…w








...

終わったー。

本番。

たまたまでしかないんだが、パフォーマンス的には一番出来が良い状態で迎えられたと思う。ただ動員がイマイチ少なかったのが反省点。

演目が短いこともあって、ミュージカルの先生に、最初に挨拶で出ましょうと言われて15分くらい喋ったんだが、アンケートでは「いらん」と書かれてしまう。

まあそんなん百の承知だわw






...

修理

ウチのイッターリア製オルガン、低確率で電源がオンオフになる症状が買ったときから出ていて、修理に出そうとは思っていたものの、症状を固定させるか動画で押さえるかしないとどうせ「症状出ず」で戻ってきてしまう可能性が大と考えて、たまに動画撮りながら弾いてみたりしてたんだけど、そういう時に限って症状でないのはお約束。


んで放置してたんだけど、そういえば2年保証ってもう切れてるやん。


ということで自分で分解。考えてみれば半田クラックの典型的な症状なので、どうせ電源周りの基板だろと始めて分解してみたんだけど、



電源アダプタが形のままくくりつけられていましたwww


流石にアダプタの中だと面倒だなと思いながら安定化電源の基板を外すとわかりやすくコネクタがぐらぐら。



半田吸って盛り直して修理完了。


しかし合理的とはいえ、日本のメーカではあり得ないよな、この力業。


よく観たらゴム足を固定するタッピングねじも斜めに押し込んであるし…。



しかもこの上をアダプタのAC100Vが通っていると言うね…。


イタリアと同盟組んでなかったら、ワンチャン戦争勝っていた説。









...

名古屋弁

おっさんバンド1の練習後の飲み会。


久しぶりに違う店に行ってみたんだけど、そこのトイレに貼ってあった名古屋弁の手ぬぐい的なもの。



なんか英語がどうもイマイチのような気がするのよ。


でら Great
Veryだと思う。悪い意味にも使うし。


ほかっときゃぁ Let it be 
知名度でそうしたんだと思うけど、beじゃないよなあ。Leave it aloneとかの方が近い気がする。


ほうかね That's right
いや、積極的な肯定じゃないから I seeでいいんじゃね?


ちゃっと行かな Time to go
Hurry upでいいんじゃないか?


机をつる Get up a desk
carryでしょ?


たいがいにしときゃーよ! Give me a break
Give me a breakに怒ったニュアンスは少ないので、That's enoughとかじゃないか?


こっすう Not fair
CheatとかCunningだろ。


わや Oh my goodness
No goodくらいじゃないか。


そうだなも I think so
YesとかI agreeくらいだろ。


ひょっとしてわざとなの?マジレスしたら負けなのかな…







...

スケール

なんか勢いで買ったんだが、よくよく考えたら要らない気がしてきた。



別に計測するレベルでのダイエットもしてないし、自分で喰うだけだからいつも料理は目分量だしなあ…。まあ1キロの袋の中身を半分にするとか党言う用途には使えるのか…。







...

嘘つき

不健康診断で、いつもの本郷猛ごっこを終了したので、無事ダイエット終了。結果は気にしない。


一度下剤でえらい目に遭ったので、診断が終わった直後に下剤を飲むのは控えていたんだが、受付の人が、数時間後に効く穏やかな下剤なので、今飲んでも大丈夫ですよ。食事も普通にとって下さいというので、下剤飲んで水飲んでからカレー。


…っと思ったんだけど、どうやら閉店開店を繰り返していた近くのカレー屋が果てたようなので、仕方なくスガキヤ。



なんか濃厚味みたいなのが出ていたので試してみることに。色々と客単価を上げようと大変だな。


んでまあ味は確かに濃厚だし、豚骨が効いてて旨い。が、スガキヤである必要もなくなっている気がするわ。


ちゃちゃっと喰って学校戻ったらいきなり臨界。


嘘つき。間に合ったからいいけどさ。







...

悪ぁ〜く魔ぁ〜

うん、我ながら沼にはまってるな。



きっかけはブツ録りしているときに天井の蛍光灯だけだと影が出来てしまうし、暗いというのが不満だったんだ。でアマゾン見てたらいっぱい入ったセットが1.2万くらいで売っていたので思わずポチった次第。


なんか光源が昔のソフトクリーム蛍光灯なのであんまり明るくなった気がしないんだけど、こんなもんなのかね。まあ逆に蛍光灯使ってるって事は、へたに長考とか入ってないって事だから、明るめのLEDでも換えればいいか。







...

バスの案内音声

そう、先月気になっていた、名鉄バスの案内音声の日本語がおかしい件、暇な時間に名鉄に電話して聞いてみたのよ。

最初受付のお姉さんも「アナウンスがおかしいと言うことですか?」と変な奴から電話を受けてしまった感を出していたんだけど、担当セクションに聞いてみますねと言って保留した後、答えてくれた。

曰く、確かに先月から音声を変更した。発音がおかしいという声は他からも届いていて、把握している。現在順次訂正作業を行っている。

とのこと。やっぱ気になってた人他にもいたんだな。変なおっさん扱いされずにすんだわ。






...

下呂からの旅行

今日の午後から旅行。


元々は下呂の高校にガイダンスに行く予定が出来たので、温泉でも浸かってくるか〜とか思ったんだけど、デブ障、もとい出不精の私でも、下呂は何度か行っているし、滞在してもあまり面白そうじゃない。


かといって高山も食傷気味だし、金沢もそれほどじゃないよな…と思ってたんだが、まあ立てた計画に乞うご期待w


まずは早起きして下呂の高校まで。


昔なら41号線をひたすら走るか、東名→中央道で中津川で降りて、256→257号線のルートしかなかったんだが、最近(でもないけど)では東海北陸自動車道が、全線2車線開通しているので、比較的楽に行けるよな。


ということで美並インターを降りて、256号線に乗り換えたんだがここでカーナビの到着予定時刻が集合時間のギリギリなのに気づく。


え?何で??ググマの所要時間が2時間弱だったから、3時間前に出発してるし、何ならちょっとマキで経過していると思っていたのに…。


運転中は気ばかり焦って理由も分からなかったんだけど、理由は2つあった。


一つはググマであまり長距離の検索をしないこともあって気づかなかったんだけど、どうも所要時間を早めに表示する癖があるみたい。試しにあとで検索してみたら、41号経由の下道オンリーコースで2時間ちょうどだった。考えてみれば下呂まで下道で2時間とかあり得ない。


もう一つはカーナビのデータが古くて、4年前に一部開通した濃飛横断自動車道が入っておらず、遠回りのルート選択をしていたからだった。ここで25分ほど時間が追加されていた。


なんでスマホのナビ使わないの?バカなの?とか言われそうだけど、老眼には辛い 山の中だとGPSデータだけだと結構不安で、車軸パルス受信している車載ナビの方が安心感があるかなと思ってたのよ。


ところでこの地元の期待を背負って部分開通したはずの濃飛横断自動車道だけどさ、メインである5キロ近くあるささゆりトンネルで、前方・後方はおろか、対向車すら一台も走っていなかったんだけど、大丈夫なのかこれ。しかも無料って…。(有難いけどさ)


ということで後は順調に予定時間の小一時間前には到着。車が全然いないので普通に走っていたらかなり早く着くんだよね。不思議だ、時間軸でも曲がっていたのかな。(すっとぼけ)


と言うことで1時間ほどのセミナーをこなして、進路主任に挨拶して出発したら12時半。ここから俺様の休日だ。早速高山に向かうぜ。


41号線を走っていたら、右側になんか撫子がヘビぬっ殺していそうな神社



を発見したので、Uターンで戻って参拝。いや、信心深い訳じゃなくて、デジイチ買ったから無駄に写真撮りたいお年頃じゃん?神社ってフォトジェニックじゃん?



残念ながら撫子はいなかったし、ここはお美津神社と言うらしい。ヘビではなくてキツネ様だ。


そして41号に戻って高山に到着。遅いお昼に入ったのは、高山ラーメン発祥の店と言われている「まさご」。火事があって改築したようで、ぱっと見は何の変哲もないお店。



おなか空いていたので大盛りを注文。



うん、旨いけど平打ち細麺のせいか、チキンラーメンの味がたまにする。あまり派手な味じゃないので、これだけを食べに来るとちょっと肩すかしかもな…。逆にチキンラーメンがそれだけよくできていることの証明かも。


コインパに車を止めてまずは目的地の飛騨高山レトロミュージアムへ。



レトロミュージアムと言えば岐阜の方(高山も岐阜県だけど)なんだろうし、そっちもまだ行ったことはないんだけど、高山の古い町並みは食傷気味なのでこちらをメインの目的地に設定してみた。


入ってみると昭和好きの私もそれほど魅了されない内容。



何でなのか考えてみたんだけど、レトロだけのくくりなので時代がごっちゃまぜ過ぎるんだよな。展示小物も触れるようになっている(それはそれでいいことなんだけど)から、なんか雑多に適当に置いただけで、見せよう、魅せようという感覚があんまりないんだよなあ。


パチンココーナーもなんかイマイチな機種選定の上、メンテが全然されていないので、玉詰まりがそのまま放置されていたりするし、どの当たり穴に入ろうがハズレ穴に入ろうがそのまま戻ってくるだけなので、大当たりの爽快感もないし。



あんまり長く持たない気がするわ。ここ。


そんな中ちょっと懐かしかったのがこれ。



あー、眼医者に飾ってあったわ、怖くてトラウマになったわ。トラコーマなんて、先進国じゃさっぱり聞かないから、日本がまだ貧しかった時代なんだよなあ…。


意外とみるところがなかったし、パチンコも飽きたのでいつもの定番スポット巡り。





しかし、この天狗中央精肉店は、いつ観ても明治村みがあるよねぇ。



車に戻るとまだ16時過ぎ。20時頃金沢に着く予定だったので、まあどうせ込んでないし楽勝でしょうと思い、高速に乗らず41号をのんびりと北上。


途中トイレ休憩で寄った道の駅「アルプ飛騨古川」(“ス”はどこへ行った?)でも、川辺まで行って綺麗でも何でもない写真を撮るお年頃。



道の駅って昔に比べてものすごく数が増えたけど、結局大きい駐車場付きのトイレってだけの所多いよな。平日とは言え、17時の時点でトイレ以外レストランも売店も開いていないのって道の駅名乗る資格あるのかと思う。


さらに1時間ほど車を走らせると、神岡に到着。カドミウムとかイタイイタイ病とか分かる人は、それこそ昭和レトロな人だと思うんだが、それよりここは確か現地の人しか知らない幻のスーパーがあるはず。



まあどっちにしろ時間が時間なのでスルーするしかないんだが、神岡鉱山の工場群は、日没直後のこの時間に見ると、スチパン感というか、ジブリ感というか、とにかく半端なくかっこいい。



いくらデジイチ持ってても、腕がないのでしょぼく見えてしまうけど、本当にリアルに見ると非現実的な画で神秘的なのだよ。


うっかり近くまで行って工場萌えしてしまったわ。




その後順調に下道を抜けて富山に着いたんだけど、この時点で19時を回っていた。金沢に抜けて回転寿司に行ってから旅館にチェックインのつもりだったんだけど、とりあえずチェックインを急がないとと思って、富山から北陸道で金沢森本まで行ってから北上。旅館にチェックイン。


ネットで見つけた安宿なんだけど、一応温泉付きの旅館。明日が曇り時々雨の予報であさってから晴れるみたいだったので、思い切って2泊することに。安宿とは言え、温泉旅館に連泊するという人生の目標は叶った。小説でも書こうかしらん。



縁側に障子と椅子がないのが残念だけれど、まあしゃーない。



さてチェックインしたものの、20時でまだメシを食っていない。安宿と言うこともあって、あらかじめ言っておかないと23時以降は入れないそうなので、近場で適当に探すかと、もう一度車に乗って教えてもらった方向に(一度迷って)走って行ったら、回転寿司店発見。



とりあえず1000円のセット頼んで、適当に追加したんだけど、閉店1時間以上前なのに客が私一人しかいない。



まあ正直不味かったのでさもありなん。この店だけの話なのか、チェーン店の問題なのかは知らないけど、二度と行かないレベル。


2000円ほどお布施して帰りにコンビによって旅館にてビール飲みながら提督業の残りをこなす。









...

金沢観光?

8時に起床して、日頃食べない朝食を食べて(食堂に個々に用意してあるパターン)温泉入り直してうだうだ。金沢でそれほど用事がないので提督業をこなしていたら11時頃になってしまった。まあのんびり出来るのは連泊の特権だな。


泊まった旅館が金沢よりかなり北で、能登半島の付け根あたりなので、まずは着弾観測所跡を目指す。朝鮮戦争当時のアメリカ軍施設なんだけど金沢に向かう途中にあるので、まずは遺構巡り。


その道中「西田幾多郎記念哲学館」という看板を見つけて寄ってみることに。「鉄分」もそこそこ濃ゆいんだけれど、「哲分」もそれなりに濃ゆい私なので、確か日本哲学の元祖みたいな人だなということだけは覚えていた。


案内板を頼りにたどり着くと、それなりに車が沢山止まっているし、人も沢山いるから不思議だったんだけど、どうも同じ敷地にデイサービス施設があるようで、そこの人達みたいだ。


で振り返ってみるとなんか無駄にかっこいい構造物が。



ここからエレベータに乗って向こうがにある建物に行くみたいなんだけど、かっこいい割には割とメンテ全然されてない雰囲気。


まあ潮風吹きさらしの立地だからサビとかは仕方がないのかもな。




 


なんか立派すぎね?



かほく市ってカネあるのかなと思って入館したら、普通に入場料取られた。まあ300円なんだけど、入館料でメンテできる規模じゃないから、地方特有の箱物で入館料とか考えていないと思ったので、ちょっと意外だっただけ。


当然平日のこんな時間誰もおらず、貸し切り状態なんだけれど、展示自体は私には面白い。哲学が云々より、明治の頃の偉人って、人となりがちゃんと伝わってるし、写真も残っているのでイメージしやすいんだよね。


この頃の大学の先生やってみたかったわ。(まあこの頃だと私ごときがなれないけどさ。)


無料だったのでカードをもらってきたんだけど、イマイチピンとこないな。



5階が展望室らしいので上がってみたんだが、割と狭い空間で、景色が特に良いわけでもなく、パノラマ展望なのに見える景色はこんな感じ。



下にあるカフェで飲み物を買えばここでくつろげるらしいけれど、近所じゃなけりゃわざわざここで哲学について考えながら景色を見たりしないわな。



公園になってるんだけど、人影なし。まあ天気は良くはないんだけど、雨も降っていないんだけどなあ…。


ということで当初の目的地の着弾観測所跡へ。


結論からいうと、ここ見つけられなかった。


廃墟系のページと、住所はあらかじめ控えていったんだけど、住所の示す範囲が広くて、ナビもあてにならなかったっず。


後からググマで丁寧に検索したら分かったんだけど、看板が逆方向からしか見えない位置にあったので、見落としてしまったみたいだ。



まあ優先順位は低いのでまた今度機会があれば訪れてみようと思う。


んで第二の目的地「香りん寿司


元々金沢で30年ほど前に行った「UFO寿司」をずっと探しているんだけれど、情報がないので、なんとなく位置的にここじゃないかと思って訪ねてみた。もちろんUFO寿司というのは店名ではなくて、その当時の店で配っていたマッチにUFOがデザインしてあったから。よって店名が分からないから探しようがないんだよなあ…。


店の中に入ると、割と記憶に近い店内の配置。しかも昔からやっていると言うことだからここかなと思って、思い切って聞いてみたんだけど、マッチは昔あったけど、UFOはなかったと思うとのこと。残念だがどうやらここではなかったみたいだ。


でもうれしい誤算だったのが、割と安い寿司店で外国人観光客を意識している店にもかかわらず、ものすごく旨かったのだよ。今度金沢に来たら夜ゆっくり行きたいと思う店だった。超おすすめ。



これ全部じゃないけど、イチハンセットで適当に8巻+巻き寿司で1000円。というか基本どのメニューでも1000円を超えない。思わず追加で何貫か追加しちゃった。昨日の雪辱を果たした気分だわ。


さてお昼もすんで特に急ぐ用事もなかったので、そのまま金沢城公園へ。




ぶらぶら歩きながらそのまま兼六園へ。若干食傷気味だけど、まあ写真を撮るというビヘイビアを今回は備えているので、入場料払って園内へ。それなりに人が多い中、写真撮りながらふと思った。2月の兼六園ってこのイメージじゃんね?



で、なにこれ。



天気が悪いのもあって、もう春だよなこれ。実際気温は15°くらいで汗ばむくらいだったし。



無駄に写真を撮りながら移動していたら、石川県立伝統産業工芸館の入り口が園内にあったので、見学してみる。


あまり興味を引くようなものはなかったかなあ…。



あ、ガハラさんと思ったり、



これ年賀切手だな…



と思ったりしたくらい。


兼六園に戻って梅の木ゾーンで写真を撮ってみたんだけれど、どう切り取っていいか全然分からん。やっぱりカメラを趣味にしている人って凄いんだなあと思う。



なんやかんやで兼六園の見学を終えて、坂を下ったら、普通は21世紀美術館とか石川県立美術館へ行くのが王道だと思うんだけれど、ひねくれ者の私は次の目的地金沢県歴史博物館へ。


結構な坂道を上ったところで旧陸軍金沢偕行社が見えるんだが、残念ながら工事中。




歴史博物館は元々旧陸軍兵器庫の赤煉瓦の建物、なかなかに重厚である。



半田のカブトビールの建物とはまた違った風情があるねい。



内部の展示は私の好きな明治大正昭和が厚め展示で大満足。




建物自体もかっこいいし、静かな空間なので、ここはもう一度ゆっくり来て見たいと思う場所だった。



組閣ごっこしたい!


再び坂を下って石浦神社。金沢で最も古い歴史を誇る神社だ。



昨日も同じような鳥居を撮った記憶ががが。



でも途中分岐とかカコイイ。



さていい時間になったので、メイン目的の金沢蓄音器館に移動。



そもそも金沢を選んだのはここに来たかったからなんだけど、蓄音器自体には一定以上の興味はないんだけれど、ここにはフィルモンがあるんだよなあ。


フィルモンとは国産のレコードシステムで、チューブみたいな帯に音を記録するもので、SP盤の時代に30分という長時間記録が可能、しかも音質も優れていた。記録原理はレコードと同じながら、テープっぽさもあるものだ。しかしながら3年ほどしか製造されなかったため、国産でありながら超レアアイテムになってしまっていて、是非見てみたかったのだよ。


多少館員の方を巻き込んでどったんばったんしてしまったものの、目的のフィルモンを見つけることが出来た。



ただこれでは実際にどう動いているのかさっぱり分からないので、色々と聞きたかったのだが、あいにく館長がお休みだったため、質問は後ほどメールですることにして退散。


歩きながら雰囲気だけでも味わうかと近江町市場の中を抜けて車に戻ろうとしたら、いい感じの酒屋があったので、金沢の地酒を3本ほど購入。



車に乗って晩ご飯にはちょっと早めだけど向かうのはグリルオーツカ



要はB級グルメのハントンライスを食べるためだったんだけれど、注文の時に玄人気取りで「ハントン下さい」と言ったんだが、発音が違った。金沢弁だと最後が下がるんだよな。だからハントン→と行った時点でよそ者バレバレだ。ちゃんとハントン↓と言わないとな。


そういえばさっきの蓄音器館でも、「このホーンはかみ↓で出来ていて。」という発音で、一瞬“紙”だとわかららず、ご神体かと思ったぞ。



んでハントンライス。


正直出来の悪いオムライスの方がまだマシというレベルだった。これだったら地元学生に勧められたチェーン店の「魚かし食堂」に行った方が良かったか…。


食い終わって外に出るとすっかり夜。あ、例のZEPP金沢の予定地見に行こうと思っていたの忘れてたわ。


まあ今から行っても暗くてよく分からないだろうから、旅行中にやることではないとは分かっているが、オートバックス屋さん行って、エンジンオイルの交換をしてみたり、ガソスタで洗車してみたりする。


ところで私、修羅の名古屋県で暮らしていて、それなりに運転の荒い自覚のある老害なんだが、金沢もベクトルが違うだけで、かなり運転荒いよな。特に雪国のせいか、センターラインをカジュアルにはみ出す癖が付いているので、交差点で左折したら逆走車両が突っ込んできた(そいつは右折車線にワープしたかったパターン)とか、歩行者の横1mない距離でも、一切減速せず突っ込んでくるとか、むしろ金沢の方が怖いわ。


いやーしかし私にしては歩いたな。



ゆっくりと戻って温泉に浸かって明日の下調べして就寝。









...

能登かわいいよ、能登。

7時に起きて活動開始。



えー。曇ってるじゃん。昨日の時点で天気予報が曇りになっていたんだけど、ワンチャン快晴になるかなと思っていたのに…。


まあ引きの弱い私にしては、雨が降らないだけでも上等と思って、チェックアウトの準備。なんやかんや提督業が長引いて結局9時前になってしまう。


さて今日はせっかく北側の宿だったので、能登方面を回る予定。


最初の目的地は千里浜なぎさドライブウェイ。ここは日本で唯一砂浜を(普通車で)走れる区間。オフシーズンだからか、今は部分的に開通している状態。



こんな感じ。ちゃんと固めてあるのでタイヤを取られたりすることなく走れるんだが、別にゲートとかがあるわけじゃないので、おそらく夜中にドリフターズが発生するみたいで、地面に無数のミステリーサークルが出来ている。


なので段差ばかりで振動がデカく、とても快適とは言いがたい。比較的治安の良い時期に晴天の下で走れれば気持ちいいだろうなあ…。


すぐ砂浜区間は終わって下道に戻る。高速に入るため左折した交差点名が可愛いので、わざわざ車停めて写真撮ったわ。



さてここからは再びのと里山海道。元々は能登有料道路だったのが2013年に無料化された所なんだけど、交通量も多いししっかりと基幹道路として役に立っているのはいいんだけど、これ有料道路のままで良かったんじゃないかなと思うぞ。穴水まで1,180円なら、名古屋高速の780円より数十倍納得感があるわ。


穴水からは下道だけど、軽トラブロックやプリウスミサイルもなく順調に進む。しかし海沿いも山道も、落ちやすく死にやすそうな道が続くなあ…


で、次の目的地はなんとなく選んだ猿山岬灯台。ナビ通り進んだら駐車場があって行き止まり。


うーん、なんか違う場所だぞ?娑婆捨峠?姥捨でもなくて娑婆なんだ。シャバいぜ。



でもふと見上げると急な階段が…



これ登れば行けるのかなとトライして見るも、完全な登山道だわこれ。


長年の引きこもりですっかり体力のない私だが、それ以上にきついわこれ。


なんとか休み休み頂上付近まで登ったけれど、こんな感じ。



何の案内板もなく、ただ雪見草の自生地としか描いていなかったので、完全に息が上がったし、HP=0になった私はこれ以上の前進を断念。元来た道を戻る。



所々にリボンがあるのは、この辺まで雪に埋まると言うことだよな。暖冬で良かったぜ。


ひいひい言いながら降りてきてとりあえず車に戻ってしばらくガチで動けず。ちょっと寄り道のつもりが時間もかかり、体力も大幅に削ってしまって後悔。


後で調べたら、やはりアレをそのまま進めば猿山岬灯台にたどり着けるようだ。ただあの道をもう一度行こうとは思わないなあ…。あいぽん持って行って、階段にしてどのくらい登ったか記録しておけば良かったよ。


さてお次が個人的にはメインの訪問地、皆月望楼台公園。こちらも住所だけではたどり着けず、原住民の話を聞くが、今ひとつなじみがない模様。その中でもなんとなく道を教えてくれたおばあさんの証言?を頼りに、廃墟になった国民宿舎(写真撮れば良かった)を抜けて山道に。


いい加減進んで、「やっぱり、これ道間違えてるわ。」と思い始めた頃、目的地に到着。ナビしないわけだわ。ナビに道がないんだもん。



こんな所にある公園だから当然誰もおらず、そりゃ原住民だって知らないわな。



一応広場的なところか?



そしてここに来た理由がこれ。



公園の名前の通り、ここには旧海軍の望楼があったところ。我が鎮守府所属の施設であるからには素通りできまい。



まあ簡単に言えば見張り台。



これは望楼の上にあった地図。



おそらく日焼けして見にくくなっているので、ざっと作るとこういうこと。



能登半島を傾けると、この位置が一番出っ張っていて、ここから遮るものがなくロシア沿岸、朝鮮沿岸が見通すことの出来る位置なんだな。日本海全体を見られる場所がここだと言うことだ。



確かに肉眼でこんな感じで見えれば、デジイチの安物ズームでもここまで捉えられる。



公園としては普通にたどり着けるような場所ではないので、作ってからろくにメンテされておらず、荒れ放題なのは悲しい。




さてその望楼を少し下ったところに、旧海軍の見張所の兵舎の跡がある。



といっっても現在ではコンクリートの遺構が残るのみ。



この場所に約30坪の木造の建物があって、無線電信室が置かれていた。おそらく左の建物が冷蔵庫で、手前の四角が烹炊所。奥にある四角が発電所の冷却用プール。



大戦後は米兵もレーダー基地を設けて駐屯したんだが、あまりの寒さに1年で撤退したらしい。(輪島とかに住んで通うようになった)…っとにアメカスは根性ねぇなあ…。



防空壕も本土決戦に備え掘られたけれど、終戦後すぐ埋められたので、現在ではなんとなくこの辺が穴だったのかなというぐらいしかわからない。


さて次に行くかと、(車載カーナビが役に立たないので)Yahooカーナビに目的地を入力して出発。


…したはずなんだが、なんか前のデータが残っていて出発した望楼台公園が目的地になっていた。普通だったら、すぐ気づくんだろうけど、ナビの案内先が数キロ離れた民家のあるところ。(ポイントでは探せなかったので住所入力したから)そして来た道を戻らず離れた方向へ進んだので、散々走り回って県道に出た後に後戻りをしてしまったらしい。


あれ?ここ見たことあるぞと気づいたときには、狐につままれたのかと思ったわ。


とりあえず今度は間違えないように(行くつもりはない、というかもうやっている時間じゃない)輪島朝市をナビ登録して発進。昼過ぎに無事輪島の市街地に入る。


お昼の時間なんだが、流石にファストフードとかファミレスに入る気になれず、というかそれすらない状態で走っていると、看板が見えたので県道を一本それたところにある居酒屋っぽい店にログイン。


ほう、いいぞこの雰囲気と、気分はすっかり井の頭五郎。



またしても店内私だけだったが、おまかせ定食700円。



びっくりするほどではないけれど、おいしくいただいて満足。味噌汁ではなくて、アサリのお吸い物だったのが新鮮。(砂抜きががが…)


ファミマで飲み物とちょっと甘いもの買って出発。



こっちのコンビニって雪よけが必ず入り口の所に付いてるのね。


さて次の目的地は白米千枚田。249号線を海岸沿いに走っていると、



え?なにこの素敵な廃墟は?


ということで、Uターン。というかこの辺は、廃墟ヘヴンじゃないっすか。





どうやらこの大味な建物は輪島キリコ会館というらしく、2015年に移転してそちらではまだ健在の様子。たかだか5年でこの風格も凄いなと思ったんだけど…



まあ道路標識が曲がるような風が吹く場所で、海の近く、しかも雪が降るとなれば建物へのストレスが半端ないんだろうなあ…。


写真撮りまくってふと思ったんだけど、こういう所って駐車場にロープ張ったりして、勝手に敷地内に入れないようにするのが普通なんじゃないかなと思ったんだけど、駐車場の一部をコミュニティバスが使用しているのね。



一日1本。対向車線の方を見たら11歩17分でした。3時間弱ですべての用事を済ませなければ、次の日まで帰ってこれないようです。ドンマイ。


さて道草を食いましたが、さらに東へ進んで13時過ぎ、道の駅「千枚田ポケットパーク」に到着。ここは道の駅自体が目的地なので、早速見学。



予定ではこういうのが見られるはずだったんですけどね。実際にはこんなん。



考えてみれば稲刈りも終わって稲もなければ水田に水もない時期なので、残念ビューは仕方がないことかも。まあそれほど期待していたわけではないしOK。思ったより狭かったなという印象。


一応ここから降りられて



田んぼの横を歩けるようですが、今朝のトラウマからアップダウンは避けたいと思いまして、遠慮しときました。



さてこれからぐりっと能登半島回って、氷見の方とか行ってみようかと思っていたんだけど、この後小矢部にある博物館に行く予定。そこが17時までで、余裕を持って16時前には付きたいので、この時点でほぼほぼタイムリミットになってしまったことに気づく。まあしゃーない、「帰ろう、帰ればまた来られるから」by木村昌福


能登半島は付け根の所に山があるので、ウエストコーストかイーストコーストルートのどちらかしかないんだけど、高速があるのがウエストコーストだけなので、イマイチつまらないんだけど、輪島バイパス経由で来た道を戻るコースを取ることに。


一車線区間が多いんだけど、ちょっと待てば、追い越しゾーンが出てくるので割とストレスなく走りやすい。順調に15時半過ぎに目的地に到着。


目的地はここ



ヴォイスミュージアム。ここも個人運営ながら蓄音器や古い機材の展示があって、例のフィルモンもあるという話なので来てみたのだ。ちなみにこの記事


早速中に入ってみるんだが、誰もいない。というかミュージアムと言うより物置だ。まあ個人経営の博物館なんてそんなものと言えばそれまでなんだが、それにしても飾ってある気配がない。



全くのガラクタが置いてあるわけではなく、例えばウェブスターのワイヤーレコーダが無造作に置かれていたりするし、ナス管の大型ラジオなんかもある。




外にはレトロ家電が飾ってあるし、やってはいるんだよな?だいたい鍵開いてたし。



しばらく中で写真を撮っていたんだけど、誰も来ないので諦めて帰ることに。最後に対面にアンティークショップがあったので、冷やかしがてら入ってみる。


そこそこお高いお値段付けだったので、シャレでものを買ったりは出来なかったんだが、何の気なしに「ここってあそこ(ヴォイスミュージアム)とは関係ないですよね?」と聞いたら、「ええ、この場所は借りているだけで、ここにはトイレがないので、トイレだけあそこを使っているんですよ。」とのこと。


あー、だから鍵が開いていたのか。


さらに教えてもらったところによると、ヴォイスミュージアムの艦長をやっていた人がこの一帯の土地と建物のオーナーだったんだけれど、亡くなったのでミュージアムは閉館して、その後はいとこ?か誰かが継いでいるはずとのこと。


あらら。閉館してしまったのか。そりゃ誰も来ないし、倉庫にもなるわ。


現オーナーに問い合わせるにしても、つても何もないので、ダメ元で後で手紙でも出してみるか。しかし今回の金沢富山旅行の大きな目的が全然果たせてないぞw


ということで、まだ16時半。帰途につくのももったいないので、急遽目的地を追加。ということで東海北陸自動車道に乗って福光インターで降りて、南砺市にある桜ヶ池公園へ。




いわゆる聖地巡礼ってやつですわ。場所で選んだのであんまり真面目に観ていないやつなんだけど「サクラクエスト」の聖地。P.A.Worksというスタジオ制作のオリジナルアニメ。


「花咲くいろは」「SHIROBAKO」に次ぐお仕事シリーズの3作目。花咲くいろははアニメ町おこしの成功例の一つだし、SHIROBAKOも6年前のアニメなのに、今月末から劇場版が公開されるほどには人気の高いアニメ。


それに比べるとあまり受けなかったんだけど、いわゆる過疎の問題に取り組む若者という割と骨太な内容をほんわか風味で仕上げた良作。2017年当時の私の感想は、



花咲くイナカって感じで、ほんわかいい話でわりと好き。メイン5人がドル売り声優だけど、別に下手じゃないし。



だったw


お約束の比較画像





というか、この公園広いし、遊具とか普通に楽しいし、近くにこんな公園欲しいレベル。





そして謎のおっぱい。



そしてこの公園のすぐ近くにある聖地。



P.A.Works本社スタジオ。おされな建物だ。


中はこんな風らしい。やっぱおされだな。(公式ページからスクショ)



さてこれにて巡礼終了。



この時点で17時半。流石に普通の観光は出来ないから帰るとするか。特に急がないから山道で帰るぜ。峠攻めるぜ。


昔だったらどんな山道走っていても必ずトラックの後ろになって詰まってしまうもんだったけど、今は高速があるからなのか、不景気だからなのか、下道って全然混まないんだよな。


流石に郡上八幡と関ではそれなりの渋滞があったものの、おおよそ帰ってきたので一宮の横綱でラーメン。(夜喰ってなかった)



22時半に自宅到着。グーグル先生によると、10時間9分、426キロ走ったそうです。初老のドライブプランじゃねぇなこれ。









....

久しぶりのクズ

日曜+来店日なので一ヶ月ぶりくらいに朝から並ぶパチンコ屋。(今日まで休みにしたのだ)

抽選悪くてマジハロ7しか取れず。当然のようにすぐ分かる低設定。2時間ほどでぶん投げたものの、流石にまだ帰る気もしないので、パチを少し打ってお昼に。久しぶりの藤味亭じゃーと気合い入れていったら、日曜日で休みだった。

仕方なくその辺の中華屋で不味いラーメンセット喰って再開。しばらくしてスカガが空いたので移動。これにねっとりやられて退散。

今回は珍しく反逆に入れてたなあ…。





...

うめぇ

出勤して色々な手続きやら報告書書いて、来期のシラバス考えているだけで一日が終わる。

ついでに金沢蓄音器館へはメール、ヴォイスミュージアムには手紙送っておいたわ。

さて、どいつから試そうかな…ぐへへへへ。








...

かみ合わず

学内業界企業研究会。

まあ企業説明会なんだが時期的にごにょごにょなので、そんな名前。関連業種の方々にご挨拶に行って「よろしくお願いします」と言ってきたんだが、肝心の学生が参加していないと言うね、('A`)

そういえば予想より早く金沢から電話がかかってきた。そうだよ、私より上の世代って多少込み入った話だと、メール出すと電話で返事が帰ってくるの忘れてたわ。

最初にかかってきたときには私が出られず、折り返ししたときには私が出られず、向こうが折り返してきたときにはこっちが携帯の電池切れw(金沢から帰ってきて充電忘れてたわ)折り返すももう帰宅済みだった。申し訳ないことをした。







...

ほんの少しだけ前進

昼前になんとか金沢蓄音器館の館長に電話が繋がる。やはり「何回か電話したんですけどね。」と言われた。申し訳ない。

それで、こちらの要件としては、そういった機材の研究をしているので動いているところが見たい。今後動作させる予定があったりするのか、なければもう少し高解像度の画像や動画などを公開していないかという事をメールで伝えてはいたんだが、書き方が悪かったのかイマイチ伝わっていない。

結局国立文化財機構の人が来たときに、再生してみたからそっちに問い合わせてみてくれとのこと。

まあ急に訳のわからん奴からメールが来て、便宜を図れと言っているようなもんだから塩対応なのはしゃーない。

あと、ひょっとしたらヴォイスミュージアムにあったフィルモンが金沢蓄音器館に渡ったのかなとも思ったんだけど、それは違うものらしい。






...

来たか…

あれ?喉が痛いぞ?

まあ流行遅れの私なので、コロナではない普通の風邪っぽいんだけど、こんなに心当たりがないのは初めて。

だいたいあの場所でもらったなとか、アイツに伝染されたとか分かるんだけどなあ…。可能性は昨日行ったスーパーかな…。

せっかくの連休なのにずっと風邪だなこりゃ。(まあ引きこもることには変わりないんだけどさ。)





...

編集は考えないことにしよう

入学式で使う動画の撮影、する方。


最近普通の人も動画見る機会が多いから、だれでもイメージだけは湧く。でもそれを具現化するのってものすごく面倒なんだよという事だ。


はい、やればいいんでしょ。


帰ってから届いていた将棋の高木さんでちょっと癒やされる。



相変わらず話作るのが上手いなあ…







...

浅田奈美

マイペースの東京って曲があるんだが、ちょっと必要になってコンピレーションアルバムを購入。



その名もDankai パンチ。


団塊と団塊ジュニアに挟まれた年代なんだけど、それよりジャケット見て40年ぶりに思い出したわ。


絶対この「浅田奈美」が私の性癖を形作ったと思う。







...

便座

風邪が絶好調。とはいっても熱はないし、喉が痛くてぼんやりするだけ。体感的にはちょうど中日くらい。あと3日くらいはかかるな。


そういやオスギでベンザブロックLプラス錠買ったときに、レジで「このお薬を買うのは初めてですか?」って聞かれた。



質問の意図がよく分からなかったので、「さあ、覚えていないです。」と答えたら、なんか「効き目の強い薬なので、これを飲みきっても症状が改善されないようだったら、お医者さんにかかってくださいね。」と言われた。


んで、30錠飲みきった件。


元々風邪薬が全然効かない体質で、市販の風邪薬なんて気休めでしかないんだけど、それでも医者行くべきなのか?このご時世に?


むしろ医者に行った方がなんかもらってきそうな気がするんだけど。









...

チューハイと言うからには…

昔、タカラ缶チューハイを買って、ふと表示を見ると「ウォッカ」って書いてあって、宝酒造って結構焼酎有名なのに、チューハイと言いながら焼酎ですらないのかと驚いた覚えがある。(チューハイは元々焼酎のハイボールから来ている。)


んでこの前コンビニで買ったタカラの「三ヶ日みかんチューハイ」



おい、ついに酒ですらなくなったのかよ。ゲロマズのストロングゼロですらウォッカなのに…。


そういえばサントリーってウォッカを「ウオツカ」って表記するんだけど、なんか気持ち悪い。魚塚みたいじゃん?


いや、その方がロシア語の発音に近いのは分かるんだけど、そういう中途半端ななのが嫌いなんよ。


ユーフォニアムって言う奴には、「お前はアルミニアムと発音するのか?」と言いたいし、テューバって言う奴には、「お前が観てるのは、ユーテューブなのか?」と言いたい。メントールって言う奴には、「千はトウザンドか?」と言いたい。









...
プロフィール

TOSS

Author:TOSS
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR