FC2ブログ

ブルトレ


ついにブルトレの「はやぶさ」「冨士」が引退かあ…。いろいろな面から存続は難しいだろうから、廃止は止むなしだろと思うけど、大阪に住んでいた頃母方の実家宮崎に帰省するときには既に廃止された彗星を何回か使った。深夜の駅という非日常空間や機関車の汽笛の後遠くから近づいてくる連結器の音なんかは、子供の頃の記憶なのに鮮明に覚えている。その頃は20系だったので一両目は電源車とか…

まあもう一度乗ってみたかった気はする。正直後半飽きるんだけど…



コメントの投稿

非公開コメント

No title

nekoが大阪に住んでいたとわ 初耳だ・・・

No title

>まるみ

宇都宮さんの嫁さんの話かと思った。望月さんぐらいしか使ってなかったからな>neko

No title

中1の時に行き「はやぶさ」、帰りは「富士」で鹿児島の親戚を訪ねに行ったなあ。行きは先行の「さくら」に爆弾予告があって少し遅れ、帰りは事故かなんかで朝起きたらまだ加古川だったのを思い出した。

もうすでに24系25形客車だったと思う。

No title

>>わど

うむ。私でさえ20系は初期というイメージだからなあ。
長距離車輌の緑色のランプの下に「飲料水」って書いてあって、
封筒みたいな紙コップで飲む薬臭い水が懐かしい…

No title

それって0系のイメージが強いかな。でも考えてみたら東海道・山陽新幹線にもう20年以上乗っていないかも。P社時代に出雲の法事に行った時も行きは飛行機で帰りはサンライズだったし。(もう二度と国際線→成田→羽田→国内線はやるまいと思った)。その後新幹線は東北新幹線にしか乗っていない。

鹿児島も出雲も、物心ついて初めて飛行機で行った時にはまだ確か伊丹乗り換えで東亜国内航空のYS-11だった。

No title

>わど
あれ?新幹線もこれだったっけ?覚えてないや…
もちろんYS-11世代なんだけど、既にローカル線のみの就航でほとんど727か737にしか乗ったことがない…

No title

さっきwikiを見てみたら鹿児島に行った時はまだ24系24形だった。そういえば寝台は3段だった。

YS-11で覚えていることは、タラップが内蔵されていて、「ウニ~ッ」て出てくるかっこよさと、便所がアメリカの屋外コンサートで使われるような溜め込み型だったこととの激しいギャップ。(ホントは違うのかも知れないけど印象はそんな感じ)

ああ、あと2月にDCに行ったのだけど、近年復元された「エノラ・ゲイ」を見てきた。B-29は同じく展示してあったB707よりデカく見えた。ちょうど卵か何か投げつけたくなるくらい近い距離の通路だけアクリルだかガラスの防護壁が立ててあった。(チッ!)

No title

>わど

PALの出張でワシントン行ったときに見に行った>エノラゲイ

読み返しちゃったよw
http://www.micnophone.com/ottotto/diary/old1/19.html

No title

>わど

ちなみに日記によると1998の10/14にわどがPALに来ましたW

No title

2003年にできた別館に移されてからは機体丸ごと復元されたのでそれが見たかった。ちなみにダレス空港のそばでDC市内からは片道1時間以上掛かる。コンコルドなんかもいたりする。

ttp://en.wikipedia.org/wiki/Steven_F._Udvar-Hazy_Center

ttp://en.wikipedia.org/wiki/File:Interior-udvar-hazy.jpg
ttp://en.wikipedia.org/wiki/File:Enola_gay_20040710_170220_1.4.jpg

げっ、P社って10年前か・・・

No title

スパム対策にひっかかったか・・・
まあ写真はそのページにあるので。

No title

ttp://www.nasm.si.edu/UdvarHazy/

ついでに公式サイト。配置図あり。

No title

>わど

まあ普通にでかいよな。特に屋内に展示するには不向きかも。
てかミグ15懐かしい。あの魚介系の顔がたまらん。
プロフィール

TOSS

Author:TOSS
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR