FC2ブログ

アナロ熊死去

アナログ放送あっけなく停波。相変わらず「やらなくてもいいこと」だけは素早い総務省。


結局、衛星にすれば電波は空くし、費用も数分の一で済んだのに。



以下総務省ページより


地上デジタル放送では、ハイビジョンによる高画質・高音質な番組に加え、天気予報やニュースなどの情報を常に入手できるデータ放送、字幕放送などの高齢者や障がい のある方にやさしいサービス、1週間先までの番組情報が見られる電子番組表(EPG)等、私達の暮らしをより便利で豊かにするサービスが提供されています。


その高画質高音質を活かした番組がどれだけあるかって話。あと風が吹くと受信に問題が出るし、数秒単位での遅れがでるし…


逆に紙媒体が1ヶ月先の番組表が作れるのに電子番組表はたった一週間。たとえば、今見終わった番組面白かったから、来週から録画しようと思っても、電子番組表には表示されない。



【電波の有効利用】また、デジタル化により電波(周波数)を効率的に利用することができます。電波は有限な資源であり、現在の日本ではこれ以上すき間のないほどに過密に使われています。デジタル化完了後は、アナログ放送時に使用していた周波数が約2/3に効率化されるため、空いた周波数を携帯電話サービスの充実、ITS(高度道路交通システム)、災害時の移動通信システムなどに利用できることとなり、関連産業への大きな経済波及効果も期待できます。

たった1/3しか空かなくて、しかもその程度のサービスしかできないって事。メインで空くVHFの低周波数帯は、デジタルに向かない帯域だから、携帯も微妙なはず。



【海外における地上デジタル放送の展開】

 さらに、2011年(平成23年)1月現在では、50以上の国と地域で地上デジタル放送が開始されており、放送メディアをデジタル化することは世界的な流れとなっています。

世界を語るなら、なぜ日本だけ特殊な方式をとる?自分所が出している資料で自爆しているんだが。あと国に限定すると25ってことなのかね?


コメントの投稿

非公開コメント