スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

坂道のアポロン

春アニメ、ノーマークだった坂道のアポロンが意外と面白かった。まあ、音楽モノ+昭和40年代というドンピシャな設定に、ちゃんとした音楽監修が付いていたので、安心してみられた。まあ画像の方の楽器などのいい加減さはいつものことなので問題ない。(ドラムなんか、本物を写真撮ってくればちゃんとかけそうなモノなんだけどなあ…)


最終話で島の教会で、主人公のピアノ弾きの西見薫が、いきなりオルガンを(8年のブランクの後)弾きこなしたり、(しかもレスリーまで使いこなしてる。)1ドル300円ぐらいの時代に島の教会にハモンドC-3とレスリーがあるわけ無いだろうとかはまあ気にしない。(ざっくり計算すると、あわせて当時のサラリーマンの年収の倍ぐらいの値段になる。)



まあでも、1968年の佐世保発のさくらが、14系な訳がないだろう。(ちなみに当時は20系)制作には鉄オタぐらいいそうなもんだけどなあ。まあナハネフ22だと、この画はむりだけど。



でも小物とかはものすごい当時の雰囲気を調べてあるんだけどなあ…



時計とか超なつかしいわ。


コメントの投稿

非公開コメント

ボンとセン

私もそこそこ楽しくみました。

たしかに、8年のブランクにそしてあのオルガン、それは無理やろー、と思いましたw
最終話としての話の持って行き方はちょっと強引な感じもしましたが。。

しかしさすが、細かいところまで見てますねー(・_・ ) ( ・_・)
あいつが駅員になってチラっと映ったのには気づいたけどw

Re: ボンとセン

>ディレイ

多方面ヲタなだけですw
今気づいたけど、汽車がこれだと大きすぎるわ。

> あいつが駅員になってチラっと映ったのには気づいたけどw

そっちに気づく方が凄いと思いますw
プロフィール

TOSS

Author:TOSS
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。