FC2ブログ

主題歌が今日のネ申に与えた多大なる影響

何かの拍子に昔のアニメやヒーローモノのOP曲を聴いていたんだが、当時のプロが子供相手に本気で作った曲が多いので、大したセンスはない私の音楽のルーツとなっているモノが沢山ある事に気づく。


まず容赦なくメロにシャープ・フラットを入れてくる事。


鉄人28号



いきなり提供ロゴの最後のグコが半音進行。Aメロすぐに「ビル〜」がソ#、続く「夜〜」そしてサビにさりげなく「にじゅうはち号」でミb。続くDメロで「手をにれ正義のみた叩きつせ」でファ#。「あき」でド#とミと本当に容赦がないw


 


さりげなく入れるパティーンでは、たとえば


 


魔法使いサリー



シンプルに自然短音階なんだが、2カ所だけ「ふしぎな力でまちじゅう」と「まほうつかいリー」の部分だけソ#を使っている。


 


ミラーマン



これは一カ所だけ「朝焼けの光の中」がファ#。アメリカ国歌にも出てくる音だな。


 


マグマ大使



「アースが生んだ正義のママ」の半音進行と、「地球の平和を守ため」のところにミbが使われている。


 


妖怪人間ベム(1’00”から)



「おれたちゃ妖怪にんげん」「獣のようなこの体」がレ。おそらく私が最初に意識したブルーノートだと思う。ジャズのリズムもこれが最初かも。


他にもいろいろあるけど、極めつけはやっぱりこれ。


 


ゲゲゲの鬼太郎



メインは「ゲゲゲの」のレなんだが、「試験も何にもない」の所が全部半音という凄まじさ。上手いのはその前に事とストリングスの音でミファと弾いて、旋律短音階にしれっと変えている事。理屈づけをするならその後の「試験も何にもない」でラとファの間で下降と上昇をするから、どの音が出てきても経過音としてOKって事なんだろう。


いかん、半音の事だけで長くなってしまったので、いずれ続きは書く。







.

コメントの投稿

非公開コメント