FC2ブログ

マルホンあぼーん

知らない間にマルホン倒産してた。名古屋メーカの中でもあまり知られていない所だし民事再生法適応申請だから影響は少なそうだけど…。(ホムペも普通にまだ稼働してるし)


(パチンカスの)一般にはファインプレーが有名。



なんだけど、個人的にマルホンには結構はまった機種が多い。(ファインプレーも大好きだけど)


まずは初めて当たった一発台。センターゲートイン。昔は完全一発台というのがあって、どこかに玉が一つ入れば、店規定の数まで出っぱなしという台。大体4000〜5000発ほど出るので、2.5円交換でも1万円ほどになった。



そして強力な逆運を持つ私は、即パンさせてしまうわけで…。(´・ω・`)


パンクというのは色々意味があるけどこの場合、玉を出している間、釘とかでガチガチにガードされていて、本来まず入らないような場所に玉が入って、権利が失われること。一万円ゲットの筈が数百円両替して帰るハメに…。


前後してはまったのがニュークラウン。当初ほぼ青天井だったデジパチに規制が入り、(ちなみに初代フィーバーも1パンさせている私…)10ラウンド規制、10カウント規制の後に1300発機と呼ばれる台が出たんだけど、そのうちの一つ。数万円から一気に3000円になって、当初客が飛びまくったんだけど、1300発機は(おそらくワザと)少し難しめのパズル程度の攻略法が必ずあったので、ちょっとした観察力があればホールに小銭が落ちている感覚だった。まあすぐ釘がガチガチにしめられて、大当たり終了後に保留玉0って事が普通になってたんだけど。


東山公園の近くのパチンコ屋にこの台がおいてあって、当時東山のヤマハでバイトをしていたのでよく打ちに行った。



今じゃ面影もないけど、パチンコ屋の隣が本屋というとんでもない配列で店があった辺りの現在。


その後パールセブンなどのヒット作も出すけど、2000発機の想い出はキャスター。フィーバーレクサスシリーズを始めこの頃の台は連チャンしてナンボという世界。その中で理論上永久連チャンさせられるのが、このキャスターだった。



方法はシンプルで保留玉満タンにして自然消化させ、保留玉0のタイミングで大当たりさせるだけ。とは言ってもそうそう保留玉が4つ点くわけでもなく、最後の大当たりは運頼みで1/225をクリアしなければいけないので、散々打っていたにもかかわらず、成功したのは2回だけ。それでも28連チャンとか当時としてはあり得ないような体験を出来たので印象に残っている。







..

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

TOSS

Author:TOSS
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR