FC2ブログ

マーシャルのキャビの修理


構造的欠陥ともいえるMarshallの1960キャビネットのパネル部分がなんか怪しかった上に(前回もプリント基板が焼けてるし)だれかがご丁寧にコーヒーまでこぼしてくれたようなので、これを機に16Ωのモノラル専用にするために、パネル外してスピーカーケーブルを直接ジャックに半田付け。

で思うんだが、キャビネットとヘッドの間を一万円以上するようなケーブルでつないで、「やっぱり、出音が全然違うよ。」とか言っているギタリスト諸君よ。君たちの幸せ回路は素敵だが、キャビの中はこんな細っそいケーブルで全長2mくらい引き回されているというのは知っているか?

細っ!

コメントの投稿

非公開コメント

No title

はじめまして!サウンドエンジニアリングのページを今日みつけ、勉強しておりました。まだ少ししか読み終わってないですが初心者の私にはものすごい資料です・・・感謝!
ブログ上でまったく無関係な話になってしまうのですが、今SonyのECM-250という古い古いエレクトレットコンデンサーマイクをパソコンに挿して遊んでいました。すると何度か録音しているうちに自分の声はまったく入らないでラジオのような声が録音されていました。しばらくするとまたラジオの音はばったり消え普通に戻ったのですが…。このようにマイクにラジオの電波が載ってしまうことはよくあるのですか?非常に不思議な体験で面白かったです^^;

No title

>きょろ様

インピーダンスが高ければ無線が乗ったりしますけど、エレコンだと考えにくいです…。??

No title

あれ…そうなんですか(・・;) ラジオでその音声が流れてる周波数探したんですけど見当たらないんですよね。録音されていたのは最初は日本語のトークで次の日は朝鮮語らしき声が(笑) 北朝鮮中央放送の声が飛んできてたら面白いですね^^;

No title

初めまして。サウンドエンジニアリングのページをいつも参考にさせていただき、センスに満ちたブログもいつも楽しませてもらっています。以前ギタリストが集まって高級なんとかけーぶるを使って「音が太くなったね!」って皆で騒いでいるの横から私が「そーか?違いがわからん」って言うとまるでオープンカフェに全裸で行ったときの様な差別的な視線を食らいました。オレの耳は間違っていなかったんだ!と嬉しさのあまり書き込みさせて頂いた次第です。
以上。

No title

>rogie
まあ音が変わることもあるんでしょうが、それがいいとも限らないわけで。
そういう人たちを相手に商売している楽器業界は本当にすごいと思います。w
プロフィール

TOSS

Author:TOSS
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR